30歳代は自分の魅力を前面に出す事

30歳代は自分の魅力を前面に出す事

30歳代は覚悟が必要

 

 働き盛りの30歳代の、転職に対する抵抗はかなりのものだと言えます。それも当然の事で、転職の歳の年収の減りは無視出来ないレベルになりますし、そもそも転職して成功する可能性も年齢を重ねた分だけ低くなってしまいます。

 

 しかしそれでも今以上を望み転職を計りたい・・・そうなるとそれ相応の覚悟が必要となります。よって、30歳代の方に関しては、概ね覚悟が出来ていると判断出来ます。

 

 その状況であれば、履歴書等への抜かりも無く、面接でもその覚悟を伝える事が出来るでしょう。しかし、いくら覚悟があったとしても押さえるべき要点は押さえなければなりません。

 

20歳代に無い魅力を

 

 30歳代の方は、よくある面接の質疑応答マニュアルをこなす以外、もう一つ押さえておかなければならない部分があります。それは「20歳代には無い魅力」を語る事の出来るスキルです。

 

 企業は基本若い人材を求めています。よって、その若い人材には無い自分の知識や技術、スキルや資格等、若い人材が絶対に持ち合わせていないものを、面接官に伝える必要があるのです。

 

 面接官は、30歳代の方を採用する際、必ずそこを求めてきます。そこを完璧に押さえて、若い力に負けないように邁進しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ