シングルマザーの転職活動、どう攻める?

シングルマザーの転職活動、どう攻める?

仕事に対するスタンスに胸を張れるか

 

 ただでさえ就職難のこの時代。シングルマザーであることで既にしり込みされている方もいらっしゃるかもしれません。確かにいくら男女平等とはいえ、シングルに限らずワーキングマザーはとかく肩身の狭い思いをしがちです。

 

 ましてやシングルであれば子供の急病時の預け先等は必ず聞かれます。その時に、決して見栄を張らず自分に出来る限りのことを正直に話し、その上で「守るものがある分、覚悟を持って一生懸命働ける」ことをアピールしましょう。

 

 会社によっては母子家庭の母を採用することで助成金が受けられることもありますし、簡単に辞めないで頑張ってくれそうな人材であることは、企業にとってもメリットです。

 

早目に信頼関係を築き不測の事態に備える

 

 とはいえ、採用早々、子供が熱を出して欠勤続き・・・なんてことになってしまっては、会社はもちろん、あなたも泣きたい気持ちになってしまうはず。まずは採用当初は多少の残業にも耐えられるように体制を整えましょう。

 

 実家の手助けが借りられれば一番ですが、自治体のファミリーサポートやママ友、ご近所さんなど。一生懸命頑張っているあなたの味方はきっといるはず。もちろん金銭的なお礼は必ずしてください。しばらくは損得を考えず、職場で自分の居場所を作ることに専念しましょう。

 

 落ち着いた頃戦力として認められれば、私事で不在にする時にも仕事の波があなたにも見えているはず。迷惑かけないよう動けるようになれば、周囲もあなたを必要としてくれますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ